夢向側の音色

誰にも媚びずただ感じたままに書きますよ

確実に、今まで存在していた支配枠から自由になっている領域がある。

 金の暴力

 

 外見至上主義の暴力

 

 マジョリティの暴力

 

  同調圧力の暴力

 

 そして、本当のことを言えない社会

 

 新聞やテレビで嘘や打算じみた保守的且つ利己的な発言や報道を垂れ流す人達と、

 その嘘や打算を見破っていながらも、それを心に留めず「こんなもんだ」と流すことで心の平静を維持する私たち。

 

 苦しい世界。

 

 でも、

 昔は私たちフツーの一般人がこんな風に「普段思っているようなこと」を発表する場所なんて存在しなかった。昔はきっと何かを成した人、有名になった人だけが普段の生活の中で感じる気持ちの発表が許されていた。雑誌のコラムとかインタビューとかテレビやラジオで。

 でも、今はインターネットのおかげでどんな人でも「普段おもっているようなこと」を発表できるようになっている。これは本当にすごいこと。

 

 確実に、今まで存在していた支配枠から自由になっている領域がある。